ARS電話認証

音声(ARS)電話認証
- 国際特許のセキュリティ技術 -

キズナトーク - Kizna-talk -は、PCT(国際)特許登録の強力なセキュリティ技術「ARS(音声)電話認証」をビジネスSNSとして日本で初めて採用しました。
この「ARS(音声)電話認証」は単体サービスとしても提供可能です。次に詳しく説明します。

ARS電話認証による「本人確認」の概要

ARS(音声)電話認証とは、コンピューターやネットワークサービスを利用する際、 利用者が本人かどうかを確認するためのセキュリティ技術のひとつです。

電話認証にはいくつか方式があります。その中でもこの「音声」を使う方式は、 アメリカ国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology, NIST)の 2017年1月公開「デジタル認証ガイドライン(草案)」などにより、 現在実現の技術ではより安全で、「のっとり」「なりすまし」に対する防御が非常に高い認証方式だと言われています。

キズナトーク シリーズには、アカウント登録、サービスログイン時にこの電話認証を採用しています。


サービスへのログイン時に ユーザIDを入力すると ユーザ本人か否かの「本人確認認証サービス」が動きます。


本人確認用に事前登録の電話番号へ 認証サービスからARS(自動音声)電話が掛かります。
※2G、3G、固定電話も登録OKです。


音声による認証番号の通知を聴きます。


聴き取った認証番号を、そのまま電話機に入力します。




本人認証が完了、安全にサービスにログインできます。
! PCT特許登録

ARS電話認証サービスの流れ図

ARS(音声)電話認証サービスは、単体の「認証確認」サービス機能として下に図示する流れでお客様に提供します。
セキュリティ強化、なりすまし・のっとり対策にご興味ある方、詳細を知りたい方は、弊社にお問い合わせください。

お客様サーバーにて構築システムの例
  社外からの社内システム利用
  有料会員制サイト
  ネットショッピング(ユーザ情報アクセス、決済機能)
  ネットバンキング(振り込め詐欺防止)
  重要資料(データ)のダウンロード、参照許可 etc.

電話認証サービスのメリット

強固なセキュリティ!しかし使う時はかんたんに

パスワード管理の煩わしさはありません。
ユーザは利用時に「パスワードは何ンだったけ??」とあわてなくても大丈夫です。
管理者はユーザの「パスワード忘れ」の問い合わせ対応から開放されます。
また、安全のために数ヶ月ごとにパスワードを変更し管理する「プライバシーポリシー」の手間も不要です。

認証トークンの準備や設備が不要です。
認証専用のトークン(USBデバイスなど)の準備、配布、携行は不要です。
また、その認証サービス用の専用設備も不要なため、安価にかつ短期間でスピーディに実現できます。

ARS(音声)電話と指紋認証の組み合わせ

ARS(音声)電話認証と指紋認証アプリを組み入れたスマートフォンを使えば、
もっとも強固なセキュリティ「2要素での本人認証」が、ローコストで実現可能です。




サービスへのログイン時に ユーザIDを入力すると ユーザ本人か否かの「本人確認認証サービス」が動きます。


本人確認用に事前登録の電話番号へ 認証サービスからARS(自動音声)電話が掛かります。


音声により認証番号に替えて「指紋認証」を促す通知を聴きます。


スマートフォンで指紋認証アプリが起動、本人の指紋で認証します。




音声電話網経由+本人指紋で認証が完了、さらに安全にサービスにログインできます。
fido-mark! FIDO(First IDentity Online)取得・! PCT特許出願